かき氷などで美味しく青汁がオススメ

かき氷などで美味しく青汁

最近はとても飲みやすくなっている青汁ですが、どうしても飲みにくいとか飲む気が起きないなどといった時もあります。
そういった時に美味しく青汁を飲めれば、毎日飲むのも苦痛じゃないはずです。
なので、今回は個人的にやっている青汁を美味しく飲む方法をいくつか紹介していきますので、なんとなく青汁を飲む気が起きない日などに見ていただければなと思います。
青汁13
まず初めに紹介するのがかき氷に青汁をかけるというものです。
これをするときには液体の青汁よりも、できれば粉のもののほうが向いており、少しだけ水を入れた状態でドロドロの青汁を作って、それをかき氷にかけていきます。
かき氷の冷たさが青汁の苦さとよく合っていて、とても美味しいのです。

これを見て、それはないだろうと思っている方も一度は試してみてください。青汁の常識が変わるかもしれません。
ちなみにそこに練乳をかけると、かなり甘くなっていいですよ。
先に練乳と青汁を混ぜておいてからかけても平気です。

 

次に紹介するのはシリアルです。
シリアルというのはコーンフレークのことで、普通牛乳をかけて食べるものです。
なので、粉の青汁であれば牛乳に混ぜる形で入れて、液体のものであれば牛乳のかわりにして混ぜてみてください。
シリアルには普通砂糖がついていて、それが溶け出すので、とても甘くておいしくなります。
この時の注意点としては、シリアルはなるべく普通のものにしておきましょう。
チョコなどでも悪くはないのですが、やはり少し抵抗感があります。

 

最後に紹介するのがバナナジュースと混ぜるというものです。
この時のバナナジュースは市販のものよりも、自分でバナナをミキサーにかけたドロドロのものがいいでしょう。
どうしてもドロドロしすぎて飲みにくい場合には少しだけ牛乳を足します。

 

このように、ちょっと変わっているかもしれませんが、おいしい青汁の飲み方はたくさんあります。

意外に美味しい青汁のそば茶割り

青汁12
青汁の飲み方で美味しかったブレンド方法を教えます。
最近の青汁はどれもさっぱりとしていて大変飲みやすいものばかりですが、それでもまだあの苦味がちょっと苦手で青汁を敬遠している人は少なくありません。健康のために飲みたいけど、どうもあの風味が苦手だという人におすすめしたい飲み方です。

 

青汁は普通水で溶かして飲むという方法が主流ですが、水の代わりにお茶で割ると意外に美味しいのです。お茶と言ってもさまざまな種類がありますが、一番おすすめなのがそば茶です。そば茶で青汁を溶かして飲むと、新茶の美味しい緑茶を飲んでるかのような味わいになります。そばアレルギーの方は無理ですが、そうでない方は一度試してみて欲しいブレンドです。
麦茶や烏龍茶、玄米茶なども青汁の苦味は緩和されて幾分飲みやすくなりますが、そば茶が一番よく合うブレンドと言えます。どれも一言で表すと抹茶のような味わいになります。

 

抹茶も飲み物としてはかなり渋めのものですが、あのケールや大麦若葉の草独特の苦さに比べるとずいぶんと飲みやすくなります。
そば茶や玄米茶は香ばしいお茶ですので、とても相性が良いのです。サラリとした青汁が好みの方にはとてもおすすめしたいの味方です。それとは逆に青汁を牛乳やまたは豆乳で割るという人もよく見かけます。抹茶ミルクのように変化し、クリーミーで飲みやすくなると女性にも人気の高い飲み方ですが、カロリーのことなどを考えると、カロリーがゼロのそば茶がやはり一番健康的だと思います。そば茶に含まれているルチンにはビタミンCの吸収を助ける働きがあり、ビタミンCを多く含んだ食べ物などを食べた際に一緒に摂取すると効果的なのですが、青汁にはたくさんのビタミンCが含まれていますので、やはり青汁+そば茶はとても合理的なのです。結果、美肌・美白効果も期待できます。

関連ページ

私は青汁を美味しく飲む!
青汁というのはイメージ的にとても不味いものという方はとても多いでしょう。実際に飲み方によっては青臭く、あまりにも続ける気にはならないというものも存在します。